森林事業

事業内容

飛騨高山森林組合では、"伐って植える"の循環型の林業を最終目標として、

森林の環境を守る

生産林を育てる

に重点をあてて事業を進めています。

現在は、森林経営計画に基づいて以下の森林整備を行う他、境界明確化事業(森林所有者が不明確な山林の境界の立会・杭打ち・測量等)、作業道の作設(林産事業の重機導入のための山林内の路網整備)等を行っています。

 

イメージ:森林の環境を守る
イメージ:生産林を育てる

     

     

     

整備課

各支所の森林整備事業の取りまとめの他、スギ・ヒノキを主とした植林苗木、緑花木苗木のあっせん、購買事業等を担当します。

林産課

各支所の林産事業の取りまとめの他、高性能林業機械等重機の管理を担当します。

支所

支所では、職員が森林経営計画の作成の他、現場管理等を行っています。 また、各現場では森林技術者が森林整備・林産事業、原木の運搬、作業道の開設工事等を行っています。
  • 東支所・・・高山、丹生川、国府、上宝担当
  • 西支所・・・清見、荘川、白川村担当
  • 南支所・・・一之宮、久々野、朝日、高根担当
イメージ:ページの先頭へ戻る