事業内容

事業内容

飛騨高山森林組合では、平成19年に木材製品流通センター(製材工場)を設立し、平成26年度には新宮土場を取得しました。このことにより、飛騨高山の山の管理から樹の育成、伐採、製材、製品へと樹から木へ一貫生産管理することが可能になりました。

当組合では、山の管理・伐採に関することを森林事業部が、搬出された原木の管理・販売を販売部が、製材・製品の販売については木材加工流通部が担当しています。

 

イメージ:森林事業のページへ
イメージ:販売事業のページへ
イメージ:加工事業のページへ
イメージ:ページの先頭へ戻る